安否確認で大切な人を探せる|災害の多い日本で

IT

経営効率の向上策とは

コンサルタント

連結納税は企業グループ単位に所得金額や納税額を計算する制度です。連結納税を単なる納税事務として位置付けるのではなく、グループ全体の資金効率の向上や経理事務の効率性の向上を図る手段として活用することが重要です。

メリットとデメリット

IT

ERPを導入することで、経費の削減や資源の効率的有効活用が可能です。なぜなら、現状把握と基本数値が算出できるからです。ERPには、ノウハウが組み込まれ、パラメータ設定が存在しています。なので、カスタマイズを行うことなく容易にシステムを構築することができます。

安否とシステムでの確認

スーツの婦人

大地震などの災害が発生した場合、企業は社員の安否確認を行い、状況を把握することが重要になる。これまで安否確認を行う場合には、連絡網を作成しておき上長などが個別に社員と連絡を取りながら安否の確認をしていくことが一般的であった。しかし、大地震などの場合には電話がつながり辛くなることや連絡網がしっかりと整備されていないと、連絡が途絶え全体の安否確認が難しくなる。このような際への対策として導入が進んできるものとして、安否確認システムがある。安否確認システムでは、予め緊急連絡先を登録しておき、緊急時にはシステムから一斉に安否確認メールなどを送付できる。社員はその安否確認メールなどに反応することで、安否連絡ができ利便性が高い。

安否確認のシステムを導入することで、社員を管理する部門の担当者の負担を大幅に削減できる。これらをシステム無しで行う場合には、情報を個別に収集していき、全体の状況を確認する必要性が出てくる。しかし、システムを活用することで簡単に管理できるようになる。また、社員自体のみではなく、社内の家族や家屋などに被害が無いかも合わせて確認可能なサービスもある。さらに、地域を限定して安否確認メールの送信が可能なものもある。大地震の発生などではその場所が限定されるが、全国展開している企業などでは、社員がいる地域のみを限定して確認したいことがある。そのようなケースにおいても、地域設定をしておくことで確認したいエリアのみ安否確認送信できる。

必要不可欠なツール

チャット

社内の管理ツールとして、グループチャットは一度利用するとあまりに便利な為手放せないものとなるはずです。だれもがファイルをアップ出来て、何処からでもアクセス出来る大変便利なものです。セキュリティ面に気を付けながら運用すれば、色々な無駄を省いて働き方も変えれるツールではないでしょうか。